さな・わーるど

〜花の庵〜
<< 思い出してみませんか | main | 虹のように >>

山紫陽花の謳





〜山紫陽花の謳〜

忘れ得ない場面
胸に刻まれた想い

耳に残る音
目に焼きつく情景

たった一輪の山紫陽花が
私を誘った

遙かなる憧憬の中へと・・・

花灯りに誘われて
遠い記憶へと旅をした

朧に辿る小道に
懐かしさがこみ上げ
タイムスリップしたように
私は小さな少女になった

道しるべ、花灯り・・・

山紫陽花の花はとこしえに
心の奥に住みついている


 ポチッとよろしくm(__)m






花に寄せて | comments(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hananoiori.hananoiori.pinoko.jp/trackback/631670
この記事に対するトラックバック